2022年振り返りと2023年の目標

リハビリの年。総合的にだいぶよくなった。一言で言うと無駄な逆張りの毒素が抜けてきた。素直に脱力していく。回復機構を豊富に持つこと、バイオリズムの波があることを諦念を持って受け入れた上でなるべく広範に対応していくこと。表現においては鋭く洗練したいが、ちゃんとした逃げ道も意識的に確保しておくこと

一番ダメージを喰らう行動が、余裕がない時に余裕あるふりをすること、これは全国共通でやばい、乖離が一番えぐい

定期的に無関係くらいの第三者から客観的アドバイスをもらうなり、圧倒的推し活でストレスから方法的距離をとるなり、普遍の軸を用意しておく、それも一回ファビョルート入ると行動全体が億劫ザになるので、生活様式の一部に組み込みシステムだとなお良い。転んでから絆創膏探すのは厳しい。

 

単発系の目標は概ね達成した。

イニシエーション的なやつはほぼほぼ全部途中であるから今後も所作によって総合的に乗り越えていきたい、甘くはないからこそ習慣で対処したい

 

振り返ると今までって割と目標段階でのいけるっしょw的な調子乗りが目立っていたのでそれ自体がもう歪な背伸びになってもうてる、自分がキツくなる

 

2023年は等身大で行く、過大評価も過小評価もしない。まだ大まかにはリハビリの段階にあることから、回復手段の爆増と、デバフ込みでのバイオリズムへの対応を